建設コンサルタント

地域の基盤づくりから維持管理まで、
トータルにコンサルティングを行います。

01:維持管理・更新

通常点検の目視や打音に加え、非破壊・微破壊の検査技術、ICT技術を活用した変状計測やデータ解析により、点検⇒診断⇒措置⇒記録⇒次の点検という維持管理の<メンテナンスサイクル構築>、及び点検精度のスパイラルアップを支援しています。さらに、<インフラ長寿命化基本計画の策定>から<メンテナンスエンジニアの育成>まで、維持管理・更新に係る業務を一体的に支援します。

02:道路

高い技術力と蓄積されたノウハウをもとに刻々と変化していく社会情勢を捉え、安全性や経済性に配慮し地域社会・自然環境との調和を図り、地域住民のニーズに応える調査・計画・設計を提供します。さらに、盛土や擁壁・函渠等の土構造物の変形解析等により、土構造物の耐震性能評価や具体的・合理的な耐震補強工法についてもサポートします。

03:橋梁

自然環境をはじめ地域性・景観性を踏まえ、常に新技術・新工法を取り入れ、低コストで高い安全性と要求性能を備えた粘り強い構造物の計画・設計を提供します。また、これまでに蓄積された枝術をもとに構造物に関する点検・診断から修繕計画の策定まで積極的にサポートします。

04:河川・砂防

堤防・樋管・堰などの河川施設の安全性確保に加え、維持管理や更新までを効率的かつ適切なコストで実現できる整備計画や、既存施設の点検、健全度・老朽化診断や長寿命化計画、耐震設計、そして地域住民が快適に暮らせる河川を利用した基盤づくりに貢献します。
砂防分野では、土砂災害に関わる基礎調査や住民説明会の企画運営、予防対策や事後の復旧対策の計画・設計を行います。また、各行政団体におけるハザードマップ(洪水・内水・土砂災害)作成などハード・ソフト両面からサポートします。

05:農業土木

地元のニーズを的確にとらえ、より良い地域社会が形成されるように、かんがい排水・農道整備・農村整備・ほ場整備・農地防災などの事業に貢献します。
農業水利施設の適切な管理・更新は、わが国の農業の生産力の維持・向上を図る上で極めて重要です。これら施設の効果的なストックマネジメントを行い、施設の有効活用や長寿命化によるライフサイクルコストを低減するため、機能診断や維持管理計画の策定を支援します。

06:都市計画・公園

将来の土地利用や都市施設・市街地開発事業などについて、GIS技術を駆使し土地利用現況などを高次元に解析することで、都市計画マスタープランや地域地区の諸計画の策定を効率的にサポートします。人々の憩いの場・交流の場・災害の避難場所として、多種多様な機能が要求される公園や緑地の計画設計においても、3次元景観シミュレーションを活用するなど多角的な業務支援を行います。

07:上下水道

上下水道は人々の生活に欠くことのできないライフラインです。一方、近年では、災害や施設の老朽化に起因する機能の低下、停止が懸念されています。
これらの課題に対し、<災害に強いシステムの構築>、<調査診断に基づく機能維持強化>を柱として、安定した上下水道機能の確保を図るべく、長期的な視点で施設計画、改築更新計画等を策定します。これまでに蓄積した経験や技術に基づき、調査から設計・維持管理に至るまで質の高いサービスを提供し、刻々と変化する社会のニーズに柔軟かつ的確に応えます。